~♪~ワンコとニャン太のお気楽日記~♪~

仲が良いのか悪いのか?マイペースな2匹の日常♪
by ciel
Top
反省点 Part2
2009年 10月 20日 |
前回、予告してしまったので、『Part2』を書くことにしました。
『Part3』は書かなくて済むよう頑張って書いちゃおう。

今日は初回の検査から再検査までの間に、反省点を踏まえてした事などを。
e0035711_22252529.jpg


まず、問診時に正確に答えられなかった点を整理しました。

実は、東大で検査するにあたって、検査目的とは別のこれまでの診療記録を準備した方がよいかどうかホームドクターに相談したのですが、「準備するに越した事はないが今回の検査ではそれまでの既往歴はそれほど重要とは思われない」旨の回答で、そう言われると楽な道を採るのが人間の常。
それもそうだな…と、具合が悪くなった時点からのことだけしっかり答えられればいいかっ!ってふうに気持を切り替えてしまったのです。
(なぜこんな質問をしたかというと、うちは引越しやら病院自体の移転・閉院などを経験しており13年間に5軒の病院にお世話になっているので一貫したデータが現在のホームドクターには無いからで、今後、東大と連携を取って治療をしていく際、ホームドクターも勿論ですが、東大側にも同じデータがある方がよいのでは?と思ったからです)

しかし!初回検査の日を迎えると、問診時に今回の病気とは無関係と思われるような事についてもいろいろ聞かれ…、楽な道を選んだ自分を呪いました。
そういうこともあって、帰り際に「過去のデータ等は役にたちますか?」的な質問をしたところ、「処方された抗生剤の種類(名前)や麻酔歴などがわかれば参考になる」的なお返事だったので、再検査時には提出しようと決意したのであった!

そこで、生まれてからこれまで病院にかかった時の領収書や健康診断の結果等はほぼ全てファイルしてあったので、「いつ、どんな診療をしたか」を表にしました。

しかし、領収書の明細は病院によってまちまちで、いつ何の治療をしたかは一目瞭然なのですが、薬の名前や注射の種類は記載されていないのがほとんどです。
私自身、領収書はバッチリ保管していたものの、処方された薬の名前までメモしておいたわけではなく…。
本当に必要と思われる部分は殆ど手元に無かったわけです。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

まあ、世の中に完璧なんて存在しないと開き直り、健康診断や血液検査をした際の結果などをピックアップ。
幸運?なことに、一番長くお世話になった病院(閉院してしまったところ)のカルテが手元にあったので、それも勿論ピックアップ。

それと、紹介状には添付されていなかったであろう(飽くまで推測ですが)、ホームドクターでの過去の血液検査結果もプラス。

過去のデータはそのくらい。
あとは、水分摂取量がわかるようメモリの細かい軽量カップを購入し、どれだけ飲んだか毎日計るようにしました。
食べた量も記録。
尿の回数も調べれば良かったのですが、そこまで気が回らずおおよその回数を把握。(現在はトイレシートを替えるたびに正の字で回数を記録してます)

そして、再検査の日を迎えたのでした~!

というところで、またしても遅い時間になってしまいました。
やはり『Part3』も書くことになりそうですね…。(^▽^;)

e0035711_22254326.jpg

今日の写真は、2006年GWに清里に行った時のものです。
3年半前。老いの始まった頃かな?
でも、まだまだ元気でした。


PitaPata Dog tickersPitaPata Cat tickers

PitaPata Dog tickers
[PR]
by magnog | 2009-10-20 00:24