~♪~ワンコとニャン太のお気楽日記~♪~

仲が良いのか悪いのか?マイペースな2匹の日常♪
by ciel
Top
名無しのネコちゃん
2007年 07月 27日 |
ちょっと重苦しい話になるけれど…。

さかのぼること6月2日の土曜日、散歩途中で衰弱したネコちゃんを発見。
これは大変だと思い、その日たまたま通りかかって初めて知った動物病院に後先のことを考えず急いで連れて行きました。

事情を説明すると、その動物病院はネコちゃんを受け入れて下さいました。
診察室で初めてネコちゃんの状態を落ち着いて見ることができましたが、目と鼻の回りがヤニのような汚れでいっぱいで、目はすっかり閉じた状態でした。
(後からお聞きしたらノミも大量にいて、貧血状態だったとの事)

閉院時間ギリギリだった事もあり、後日改めて伺いますと言い残しその日はネコちゃんをお任せして病院を後にしました。

翌日曜日は病院の休診日なので2日後の月曜日に伺いました。
そこで判った事は、発見当日280グラムだった体重が340グラムに増えたこと。
でも、風邪をひいている上、瞼の内側にある瞬膜が目全体を覆った状態で癒着していたこと。
瞬膜は先生が切開して下さっていたので痛々しくはありましたが、黒目が少しだけ見える状態になっていました。

※これはさらに3日後の6月7日に撮った写真ですが、まだ半分近く瞬膜がかぶさった状態です。
e0035711_15036.jpg

このまま順調に回復してくれたら、新しい飼い主さんを探してあげられると思ったのもつかの間、数日後にネコちゃんが緑内障を発症していた事がわかりました。
眼球が濁って腫れ上がり、既に視力は無いだろうということで、体力的に安定する生後5ヶ月位になったら眼球を摘出するのが通常の処置であるとの所見を先生から伺いました。

※これは6月16日の写真ですが、眼球に水が溜まりアニメに描いたネコちゃんのようになっています。
e0035711_1155969.jpg

この写真はまだマシな方ですが、目の表面にカサブタ状の物が出来ては剥がれ…を何度も繰り返し、眼球の腫れも少しひいたかと思うと再び腫れたりの繰り返し。
当然、眼球は露出したままで瞼を閉じる事が出来ない状態。
乾燥しないように、先生が目薬を日に何度も差して下さっていました。
保護して下さっているだけでも有り難いのに、本当に頭の下がる思いです。

そんなわけもあって、ほぼ毎日仕事帰りに病院に立ち寄ってはネコちゃんの様子を見るようにしています。というとウソくさいな。
可愛くって可愛くって毎日会わないといられないっていうのがホントのところ。
先生方には“迷惑なオバサン”と思われているだろうなと思いつつ、ネコちゃんとじゃれ合うのを楽しみに通ってます。
じゃれつくだけというのも申し訳無いので、最近はスリッカーブラシ持参でグルーミングしてるフリしてます。(^^ゞ

※これはその証拠写真。7月26日に撮ったもの。
e0035711_1341558.jpg

“手の平サイズ”だったネコちゃんが、ずい分と成長したのもわかるでしょ?
その他にもお気付きでしょうか?
あんなに腫れ上がっていた目がほぼ通常の大きさになっているのです。
7月20日くらいからだと思いますが、徐々に目の腫れがひいてきて、今では瞼が閉じられるようになってきているのです。

ウィルスチェックが済んでいなかった為、それまでダンボールハウス?で一日の大半を過ごしていたネコちゃんですが、先生がチェックして下さり感染していない事を確認できたので、ケージでの生活に切り替わった時期と目の腫れがひいてきた時期が不思議と重なるんです。
閉じられた環境に変わりは無いものの開放的になった事で、ネコちゃんのストレスが軽減して眼球の炎症が鎮まる要因になったのかしら?なんて思ってます。
食も細かったのが、その頃から旺盛になってきたとも伺いました。
体力が付くことで、快復に向かって前進したということでしょうか。

とはいえ、猫の緑内障は通常完治する事は難しいようで、ゆくゆくは眼球摘出をしないと他の病気を引き起こす可能性が高いようです。
でも、このまま奇跡が起こってくれないかとついつい希望を抱いてしまいます。

本当に可愛いだけでなく、賢くて素直な性格のネコちゃんなの。
うちのワンコが優しく接する事ができるのであれば、発見者である私達家族がネコちゃんを迎え入れるのが一番だと思うので、毎週末に“ご対面”させているけれど、なかなか優しい気持にはなれないみたいで…。

そのワンコは今、私の足元でスヤスヤ眠っています。
寝顔はホントに穏やかなんだけどネ…。

e0035711_12442199.gif


そうそう、タイトルの「名無しのねこちゃん」というのは飼い主が定まらないうちに勝手に名前を付けるわけにはいかないと思って“名無し”で通しているからなの。
でもね、ネコちゃんとじゃれ合っている間、“にゃ~ちゃん”と呼びかけてしまってる私です。(^^;)
きっとバレバレだろうけど、呼び名が無いのも「何だか…」だしね。


PitaPata Dog tickersPitaPata Cat tickers

PitaPata Dog tickers
[PR]
by magnog | 2007-07-27 23:59